副業

副業でも稼ぐことができる!図面作成で仕事を受注する方法

図面作成に取り組んでいる方の中には、副業として図面作成を行い、
収入を得たいと考え
る方もいるのではないでしょうか?

今回は図面作成を用いて仕事を受注する方法をご紹介していきたいと思います。

副業で図面作成は個人で請け負うことも可能


図面作成は副業として在宅ワークで受注することが可能です。

クラウドソーシングで探す

1つ目の例としては、クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシング で
図面作成のお仕事を受注する方法があります。

しかし確認した限りでは、クラウドソーシングによる図面作成のお仕事は
そこまで多くないように感じました。

それよりも経験したことのある種類の図面作成のお仕事を見つけることができたら、
クライアントに実績なども踏まえて応募してみると良いと思います。

単発で仕事を得る

2つ目には現在不動産業界や建築業の世界でお仕事をされている場合は、
その人脈を生かして単発の図面作成の仕事を頂くという方法があると思います。

これにはお互いの信頼関係がとても重要になってくるので、
かなり図面作成において実力があり、実績を積んでいる必要があると思います。

アルバイトとして仕事を請ける

3つ目に少し個人で受注するところから外れてしまうかもしれませんが、
不動産の会社や図面作成に関わりのある会社にアルバイトとして採用される方法があります。

この方法であれば、図面作成の経験さえあればすぐのお仕事を見つけることもできると思うので、
比較的簡単に図面作成のスキルを活かして収入を得ることができると思います。

しかし、この場合は現在の職業と掛け持ちになる可能性も考えられるので、
今働いている職場に副業が可能かどうかを確認する必要があります

副業で図面作成の仕事を行う時の注意点

 

それでは、副業として図面作成のお仕事を請け負う場合に注意してほしい点について、
説明していきます。

在宅ワークでの図面作成のお仕事はかなり少ない

 前の項目で少しだけ触れましたが、クラウドソーシング系サイトでの図面作成のお仕事はかなり少ないと思います。

完全に独立したいという方で在宅ワークを希望している方もいるかもしれませんが、
大半は不動産系の会社や建築系の会社に就職して、その環境で図面作成のお仕事を任せてもらえるという例が多いと思います。

図面作成の仕事は納期が短い

 経験者の方ならご存知だと思いますが、図面作成のお仕事は発注から数日後が納期になるなり、
そのうえ品質もそれなりのものが求められるため、かなり実力が試される仕事だと思います。

ですので、少し経験があるくらいの方の個人的に仕事を請け負うということはあまりお勧めしません。

図面作成にも資格がある

昔の話ですが、元々図面作成というお仕事は人々が手作業で取り組んでいました。

しかし現在はCADなどのパソコンの専用ソフトなどがあり、かなり便利になってきてはいますが、このCADというソフトには検定試験があり、「建築CAD検定試験」と言われています。

この試験には準1級〜4級があり、これを受けることによってCADや図面作成の知識も深まりますし、このCADを図面作成で使用することによって報酬がアップするということにも繋がります。

現在このCADを使用していない方も建築CAD検定試験にチャレンジしてご自身のスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

図面作成のお仕事はかなりの専門性があり、すぐに誰でも始められるお仕事ではありません。それと場合によってはこれから住まいを探す人の生活を左右するかなり責任感を伴います。

ぜひ「図面作成」で副業にチャレンジしたいと思ったのなら、責任感とやりがいをもって取り組んでみましょう!