イベント

浴衣によく金魚がある意味は?実は柄だけでなく色にも意味があり!

夏祭りや花火大会など、

夏のイベントで活躍する浴衣。

浴衣には様々な色や柄があって、

見ているだけで楽しくなりますよね。

花柄や古典柄、生き物の柄など、

様々な柄がありますが、

実はそれぞれの柄に意味があるのです。

浴衣の金魚の柄には、

「幸福」の意味が込められています。

一度に多くの卵を産む金魚は、

「子孫繁栄」や「他産祈願」の意味もありますよ。

金魚の色によっても意味が少しずつ違い、

それぞれ赤色の金魚には「幸福を呼び込む」という意味、

黒色の金魚には「邪気を吸い込む」という意味があります。

子供っぽいと思われがちな金魚柄ですが、

意味を考えると縁起の良い柄であり、

大人にもおすすめですよ。

浴衣で金魚の柄があるのはなぜ?

和柄の定番である涼しげな金魚柄は、

夏にぴったりの柄であり、

浴衣でも人気の高い柄の一つです。

浴衣の金魚の柄には、

「幸福」の意味が込められています。

一度に多くの卵を産む金魚は、

「子孫繁栄」や「他産祈願」の意味もありますよ。

中国では「金魚」と「金余」が同じ読みであることから、

「お金が余る」ということで

「金運・縁起物」の意味もあるそうです。

金魚の柄が浴衣に使われ始めたのは大正~昭和からで、

実はわりと最近のことなのです。

子供っぽいと思われがちな金魚柄ですが、

意味を考えると縁起の良い柄であり、

大人にもおすすめですよ。

浴衣で金魚の色に意味はある?

浴衣の金魚柄の意味は、

金魚の色によっても少しずつ違います。

浴衣に使われる金魚の色は、

赤色・黒色のものがほとんどだと思います。

それぞれ赤色の金魚には「幸福を呼び込む」という意味、

黒色の金魚には「邪気を吸い込む」という意味があり、

風水に則ったものだそうです。

意味に合わせて金魚の色を選ぶのも楽しいですね。

まとめ

様々な色や柄があり、

夏祭りや花火大会などのイベントを

華やかに彩ってくれる浴衣。

浴衣には様々な柄がありますが、

実はそれぞれに違った意味が込められています。

浴衣の金魚の柄には「幸福」の意味があり、

一度に多くの卵を産むことから、

「子孫繁栄」や「他産祈願」の意味もありますよ。

金魚の色によっても意味が少しずつ違い、

それぞれ赤色の金魚には「幸福を呼び込む」という意味、

黒色の金魚には「邪気を吸い込む」という意味があります。

子供っぽいと思われがちな金魚柄ですが、

意味を考えると縁起の良い柄であり、

大人にもおすすめです。

大人が金魚柄の浴衣を着るときは、

落ち着いた色の生地のものを選ぶと良いですよ。

子供から大人まで、

幅広い年代の方におすすめの金魚柄の浴衣。

機会があれば是非着てみてくださいね。