生活関連

フライパンの焦げ付きってホント面倒!復活させる方法ってあるの?

「良いものを長く使う」って丁寧に暮らしている感じがして憧れますよね。

毎日使うフライパンくらいちょっと奮発してもいいかなと思ってせっかく良いものを買ったのに、料理中にフライパンを度々焦がしてしまったことが災いして焦げ付きがつくようになってきてしまいました。

頑固にこびりついてしまった焦げ付きってきれいに落とすのって大変なんですよね。

テフロン加工のフライパンなので寿命もあるのかもしれませんが、せっかく良いものを買ったので焦げ付きをきれいに落としてもう一度復活させたいです。

このフライパンの焦げ付きをきれいに落としてさらに、もとのテフロン加工を復活させる方法はあるのでしょうか?

フロン加工フライパンの焦げ付きは

  • 水を沸騰させる
  • 重曹を使う

方法がおすすめです。

そして、もとのようなテフロン加工を復活させるには

  • 自分でテフロン加工をする
  • 業者に依頼する

方法があります。

テフロン加工フライパンの焦げ付きを落とす方法は?

テフロン加工フライパンの焦げ付きは

  • 水を沸騰させる
  • 重曹を使う

ことできれいに落とすことができます。

フライパンのテフロン加工を傷つけないようにするため、焦げ付きをたわしなどでゴシゴシこするのはNGです。

テフロン加工のフライパンはもともと焦げ付きに強いのでフライパンに水を入れて沸騰させて少し放置するだけでたいていの焦げ付きをおとすことができます。

それでも落ちない焦げ付きには大さじ12杯くらいの重曹を追加しましょう。

重曹はアルカリ性なので焦げ付きの原因になっている、油膜をはがれやすくしてくれるだけでなくほどよい研磨効果でテフロン加工を傷つけることなく焦げ付きをこそげ落としてくれます。

ただし、一気にきれいにしたいからと言って重曹を使ってゴシゴシこすりすぎるとテフロン加工が傷ついてしまうので落ち切らない焦げ付きは根気よく優しくこすりましょう。

新品のように焦げ付きにくい!もとのテフロン加工を復活させる方法

焦げ付きを繰り返したことでテフロンがはがれてしまったり、フライ返しなどの調理器具によってテフロンが傷ついたりしたフライパンをそのまま使い続けているとさらに焦げ付きやすくなっていく悪循環になってしまいます。

こうなってしまうと寿命だと諦めて新しいフライパンに買い替えるべきですが、せっかく良いフライパンを買ったのに、もう買い替えるのはちょっともったいないですよね。

ちょっとした人手間をかけ復活させて今使っているテフロン加工のフライパンをできるだけ使い続けたいところです。

テフロン加工のフライパンを新品のように復活させる方法は

  • 自分でテフロン加工をする
  • 業者に依頼する

2通りの方法があります。

本当に自分でテフロン加工できるの?と思うかもしれませんが「フッ素革命11」のようなものを使えばスプレーして均等に塗るだけで簡単にテフロン加工ができるんです。

スプレーしてぬるだけなので自分でも失敗が少なく、フライパンのテフロン加工を復活させることができます。

一度購入しておけばテフロンの定期的なメンテナンスもしやすくなるのでお気に入りのテフロンフライパンを長く使うことができそうですね。

自分でテフロン加工する以外には業者に依頼して、フライパンにテフロン加工をしてもらう方法があります。

自分で加工するよりも確実できれいにテフロン加工を復活させることができますが、技術料だけでなく送料がかかる場合が多いです。

安いフライパンであれば新品のフライパンに買い替えるのと同じくらい費用がかかってしまうこともあるので買い替えたほうが、負担が少ないこともあります。

まとめ

せっかく上質なフライパンを買ったときはお手入れしながら上手に長く使いたいですよね。

フロン加工フライパンの焦げ付きはたわしでゴシゴシこすらずに、もともとのテフロンの性質や重曹の化学反応を上手に使って落とすのがおすすめです。

もとのようなテフロン加工を復活させるには

  • 自分でテフロン加工をする
  • 業者に依頼する

方法がありますが、「フッ素革命11」などを利用すれば自分でも簡単に安くテフロンの再加工をすることができます。

焦げ付きやすくなったなと思ったら「フッ素革命11」でメンテナンスをしてあげればテフロン加工が復活し、焦げ付きもつきづらくなりますよ。

調理後の後片付けもラクになるので、ぜひ自分でテフロン加工にチャレンジしてみてくださいね。