生活関連

キッチンマットはなしのほうがいい?掃除がしやすい方法を紹介

調理中の油汚れや水はねですぐに汚れるキッチンマット。

洗うときも、洗濯機に入れる前に汚れを手洗いして

落とさなければならなかったり、

掃除機をかける時にわざわざめくって下を掃除しなければならなかったり、

なかなか大変ですよね。

キッチンになくてはならないと思われているキッチンマットですが、

実はない方が掃除を楽にすることができます。

一日の終わりにキッチンの床をきれいに拭くだけで、

面倒なキッチンマットの洗濯から解放され、

衛生的にも清潔なキッチンを保つことができます。

キッチンマットはいらない?なくすメリットは?

掃除を楽にしたいのならば、キッチンマットは敷く必要はありません。

キッチンマットをなくすことで床の汚れに気づきやすくなるので、

こまめに拭く癖がついて、床を常に清潔な状態に保つことができます。

なによりも、面倒なキッチンマットの洗濯をしなくて済むようになることが、最大のメリットでしょう。

キッチンマットを敷かない場合は、

キッチンを使い終わったら必ず床の水拭き、

場合によっては洗剤を使った拭き掃除をしましょう。

床を衛生的に保ち、毎日気持ち良くキッチンを使うことができます。

また、キッチンマットを買い換える費用もかからないため、

コスパ的にも良いと言えます。

キッチンマットの代わりになるものは?

キッチンマットを敷くのは嫌だけれど、

キッチンの床に直接油や水が飛ぶのは気になる、

という人は、撥水性のあるクッションマットを

キッチン全面に敷く方法もあります。

クッションマットであれば洗濯する手間がなく、

撥水性があるので汚れもサッと拭けば

簡単に落とすことができます。

自分の好みの色や柄にコーディネートするのも楽しいですね。

また、ジョイントマットやコルクマットを代わりに敷いて、

汚れてしまった部分や傷みが出てしまった部分だけ

取り替えるという方法もあります。

その他にも、キッチンを使う時だけ

古着や古くなったバスタオルなどを敷いて

汚れを防ぐ人もいますよ。

まとめ

キッチンマットを使用しないことで、

面倒なキッチンマットを洗濯する手間が省け、

掃除機もかけやすくなり、掃除が楽になります。

床の汚れをその都度落とす癖をつけることで、

衛生的なキッチンを保つこともできます。

キッチンマット以外にも、

クッションマット、ジョイントマット、コルクマットなど、

いろいろなもので代用することができるので、

キッチンマットの洗濯が面倒だなという人は、是非試してみてください。