子育て

赤ちゃんと犬は仲良く出来るの?気をつけるポイントなどを紹介します!

赤ちゃんが生まれて

新しい家族が増えるのは

誰しも嬉しいことですよね。

でも、家族の一員として子どものように

一緒に暮らしてきたペットの犬も

同じ気持ちでいてくれるのでしょうか?

一緒に暮らしてきたペットの犬と赤ちゃんが対面したとき、

兄弟のように仲良くしてくれたら嬉しいですよね。

 

 

赤ちゃんと犬がご対面した時に見られる反応は

  • 不思議そうに見る
  • じゃれつこうとする
  • 拗ねてしまう
  • 赤ちゃんを守ろうとする

など様々です。

赤ちゃんとペットの犬がすぐに仲良くなれるかは

それぞれの性格や相性にもよりますが、

それは人間の兄弟でも同じですよね。

赤ちゃんと犬が仲良く暮らしていくためには、

実はパパとママの対応がカギになります。

 

 

赤ちゃんと犬が仲良くする方法は、

  • 愛情がどちらかだけに偏らないようにする
  • 赤ちゃんは一緒に守るべき家族の一員だと

犬に教えてあげる

  • 赤ちゃんと犬を一緒にするときは絶対に目を離さない

ことが有効です。

 

犬も赤ちゃんも大事な子ども!嫉妬せずに仲良くしてくれる?

パパママからすれば

一緒に暮らしてきた犬も

新しい家族の一員となる赤ちゃんも

大事な子どもですよね。

しかし、

  • 初めて赤ちゃんを見た
  • いきなり家族が増えた

ことでびっくりしてしまう犬も多いですが、

反応は性格によって様々です。

 

 

不思議そうに見るのは、

初めて見る赤ちゃんを一生懸命に観察しています。

パパママが新しい家族の一員だよと教えてあげると

赤ちゃんのことを家族と認めてくれるようになりますよ。

 

 

わんぱくな性格の子は一緒に遊びたくて

すぐにじゃれつこうとすることもあります。

赤ちゃんは弱く、守るべき存在だということを

教えてあげましょう。

 

 

甘えん坊さんの子はパパママの感情を察知しやすく、

愛情を赤ちゃんに奪われたように感じてしまい、

拗ねてしまうことがあります。

赤ちゃんもあなたも大切な家族なんだよと教えるとともに、

赤ちゃんだけでなく犬と遊ぶ時間も

しっかり確保するようにしましょう。

 

 

また、自分より小さな赤ちゃんを見て、

本能的に守ろうとする子もいます。

一番理想的なパターンと言えますが、

赤ちゃんと一緒にいるときは目を離さず、

赤ちゃんばかりに愛情が偏らないように心がけましょう。

 

  • 愛情がどちらかだけに偏らないようにする
  • 赤ちゃんは一緒に守るべき家族の一員だと

犬に教えてあげる

  • 赤ちゃんと犬を一緒にするときは絶対に目を離さない

ことで赤ちゃんと犬が仲良くするための

家族としての絆の基礎が出来上がっていきます。

家族みんなが仲良くなれるように

慌てずにゆっくり新しい環境に

慣らしていってあげましょう。

 

赤ちゃんが泣くと犬も吠えるのはなぜ?

赤ちゃんが泣くと犬も吠えるのは

  • 本能的に反応している
  • 赤ちゃんの悲しみを察知している
  • 赤ちゃんに嫉妬している

という理由が考えられます。

実は赤ちゃんの泣き声は

犬の遠吠えの周波数とよく似ているため、

犬が本能的に反応しやすいんです。

 

 

また、犬は人間の感情に寄り添うことができる動物です。

赤ちゃんが泣くと「悲しいのかな?大丈夫かな?」

と心配してくれています。

 

 

しかし、赤ちゃんが泣くとつい赤ちゃんのほうばかりに

注意が向いてしまいますよね。

すると犬は赤ちゃんが泣くと「自分はかまってもらえない」

というように学習してしまい、

赤ちゃんが泣くと「自分はここだよ、寂しいよ」

とアピールしているんです。

 

 

また甘えん坊さんや寂しがりの性格の犬の場合、

人間の兄弟でもあるように赤ちゃんに嫉妬したり、

赤ちゃん返りしてしまうこともあります。

赤ちゃんに嫉妬していると考えられるときは、

犬とのふれあいの時間を増やしてあげましょう。

 

まとめ

新しい家族の赤ちゃんもペットの犬も大切な家族です。

2人がすぐに仲良くなれるかは

それぞれの性格や相性にもよりますが、

赤ちゃんと犬が仲良く暮らしていくためには、

実はパパとママの対応がカギになります。

 

 

赤ちゃんと犬が仲良くする方法は、

  • 愛情がどちらかだけに偏らないようにする
  • 赤ちゃんは一緒に守るべき家族の一員だと

犬に教えてあげる

  • 赤ちゃんと犬を一緒にするときは絶対に目を離さない

ことが大切です。

それぞれの性格や相性も大切ですが、

赤ちゃんと犬が仲良くなるためには

パパとママの対応が重要となります。

 

 

どちらも大切な子どもだということを忘れずに、

赤ちゃんのお世話だけでなく

犬の精神的ケアも十分におこないながら、

新しい家族の形にゆっくり慣れていきましょう。