生活関連

結婚式の引き出物に入れる縁起物って何? 相場やオススメ品をご紹介

日本の結婚式では、ゲストが新郎新婦への

お祝いに「ご祝儀」を送り、そのお返しとして新郎新婦が

「引き出物」を配るのが一般的ですよね。

 

これから結婚式を行う予定の方は、

プランや料理のメニュー、招待状のデザインなどと合わせて、

引き出物を何にするかも考えているのではないでしょうか?

 

貰ったことがある方はご存知だと思いますが、

引き出物は「メインギフト・引菓子・縁起物」の

3種類で1セットとなっています。

 

メインギフトは引き出物の中で一番高価なもので、

タオルなどの実用的な物や、

好きな品を選べるカタログギフトを贈るのが定番です。

 

引菓子は、名前の通りお菓子のことを指し、

バームクーヘンなど、日持ちする焼き菓子が選ばれます。

 

メインギフトと引菓子は、

どんなものを選べば良いかすぐイメージできると思います。

でも、縁起物がどんな品物かは、

わからない人も多いのではないでしょうか?

 

縁起の良さそうな物を贈るのだろうと

想像はできますが……。

具体的にはどういう贈り物が良いか、悩んでしまいますよね。

 

そこで、縁起物にどういう品物を

贈るのか、ご説明したいと思います!

選ぶときの基準となる相場や

ゲストに喜ばれるオススメの品物も合わせてお話ししますね。

 

引き出物の中にカツオブシ? 縁起物について

ゲストへ贈る引き出物の内容を考えるとき、

自分が貰ったことのある品物を思い出して

ヒントにすることもあると思います。

その時、縁起物として「カツオブシ」を

貰ったことを思い出す人は多いのではないでしょうか。

 

「どうしてカツオブシが縁起物なの?」と

不思議に思ったことはありませんか?

私も、初めて縁起物としてカツオブシを頂いたときは、

とても不思議に思いました。

 

カツオブシが縁起物に選ばれる理由は、節の種類にあります。

どれも同じように見えるカツオブシですが、

実は「雄節」と「雌節」という二つの種類に分けられるんです。

カツオの背中側の身から作られる物を雄節、

お腹側を使った物を雌節と呼び、雄節と雌節で一対と数えます。

この「雄節と雌節が一対になる」ことが

「夫婦円満」に結びつき、結婚式の縁起物に

選ばれるようになったのです。

 

また、節の形が亀の甲羅のように見えることも、

演技が良いと考えられる理由だそうですよ。

 

カツオブシの他にも、「おめでたい」ということで鯛茶漬け、

「幸茶」という文字を連想できることから紅茶など、

色々なものが縁起物として選ばれています。

 

地域によっては特有の縁起物もありますので、

縁起物選びに迷ったら、自分やパートナーの出身地の

縁起物を調べてみる、という方法もありますよ。

 

縁起物の相場は? 予算別のオススメ縁起物もご紹介!

引き出物の金額の相場は、地域によって異なります。

また、ゲストとの関係やいただくご祝儀の金額によって

変わることもありますよね。

 

全国的にみると、

メインギフトは一人当たり3,000円~5,000円で

用意する方が多いようです。

金額の幅が結構ありますね。

 

ですが、メインに添える引菓子や縁起物の相場は1,000円前後、

高くても2,000円程度の場合が殆どです。

予算が限られている場合には、

縁起物は500円程度のものでも大丈夫。

高価でなくても、気持ちの伝わる縁起物はたくさんあります!

 

それでは、予算別にオススメの縁起物をご紹介しますね。

 

予算500円前後

お値段を抑えたい方にオススメなのは最中茶漬けです。

最中に入ったお茶漬けは可愛らしくて

今や縁起物の定番になっています。

中身を鯛茶漬けにすると、縁起の良さがアップしますよ♪

また、色が縁起の良いとされる紅白饅頭を贈るのも良いでしょう。

 

予算1,000円〜1,500円

1,000円前後の縁起物で人気なのは紅茶です。

「縁起が良いから」というのはもちろんのこと、

見た目がオシャレな物が多いというところも、

紅茶のギフトが選ばれる理由です。

高級ブランドの紅茶でも、1,500円程度で買えるものがあります。

 

予算2,000円

ちょっとリッチな縁起物にしたい方は、

お箸を選んでみてはいかがでしょう?

「夫婦箸」のように、お箸はゲストから新郎新婦へ

プレゼントするイメージもありますよね。

でも、「食べるのに困らない」「人と人との架け橋になる」と

いう意味で、縁起が良い贈り物としても人気なんですよ。

特に、形が八角形のお箸は「末広がりの八」を連想させるので、

縁起物としてオススメです♪

お箸にゲストの名前を彫って贈るのも良いでしょう。

 

また、お箸と箸置きのセットにして贈る方も多いそうです。

箸置きはデザインがたくさんありますので、

富士山や亀など演技の良い柄のものを贈ると良いでしょう。

 

ご紹介した品物以外にも、縁起物として選ばれる物は

たくさんありますので、ウェディングプランナーの方と

相談したりインターネットで調べたりして、

「ゲストに贈りたい!」と思える物を探してくださいね。

 

いかがでしたか?

カツオブシのように、一見縁起の良い物と思えない物にも

縁起物に相応しい意味があるんですね。

メインギフト選びに力を入れるという人は多いですが、

縁起物にもこだわることで、

ゲストにより感謝の気持ちが伝わるはずです。

素敵な引き出物を用意して、最高の結婚式をあげましょう!