イベント

仙台 七夕祭りの飾りはいつからあるの?時期や意味などを紹介します!

東北三大祭りの一つである仙台七夕祭り。

青森のねぶた祭りや秋田の竿燈まつりのように

熱気のあふれるお祭りではなく、

七夕らしい落ち着いた雰囲気の素敵なお祭りで、

地元では「たなばたさん」として親しまれています。

このお祭りの最大の見所は、

色とりどりの七夕飾りです。

「七つ飾り」と言われる色とりどりの笹飾りは、

それぞれが意味を持っています。

短冊は学問の上達、紙衣は無病息災、

折鶴は健康長寿、巾着は商売繁盛、

投網は豊漁・豊作、屑籠は清潔と倹約、

吹き流しは織り姫と彦星をそれぞれ象徴しています。

毎年86日~88日の3日間開催されており、

七夕飾りもそれに合わせて飾り付けられます。

仙台駅前一帯が豪華な七夕飾りで彩られている姿は、

圧巻の一言ですよ。

仙台 七夕祭りの飾りの意味は?

仙台七夕祭りの七夕飾りは、

くす玉に様々な紙紐を垂らすように吊した

長さ約5m10mの笹飾りです。

「七つ飾り」と呼ばれ、

7つそれぞれ意味を持った

異なる飾りから構成されています。

短冊は学問の上達、紙衣は無病息災、

折鶴は健康長寿、巾着は商売繁盛、

投網は豊漁・豊作、屑籠は清潔と倹約、

吹き流しは織り姫と彦星をそれぞれ象徴しています。

この七つの飾りを組み合わせて作ったものが、

仙台七夕の飾りです。

その大きさや数、色鮮やかな様は圧倒的で、

他ではなかなか経験できない魅力がありますよ。

仙台 七夕祭りの飾りの時期は?

仙台七夕祭りは

毎年86日~88日の3日間開催されており、

七夕飾りもそれに合わせて飾り付けられます。

完成した笹飾りは初日の朝の8時から、

51組で横一列に吊るす形で飾られます。

遠方から見に行く方は、

前日に仙台に前入りしても見ることができないので

気をつけてくださいね。

仙台駅前から商店街アーケードまで、

数え切れない程たくさんの笹飾りが飾られるので、

笹飾りの間を縫って歩きながら

風景を楽しむことができますよ。

まとめ

長年地元の人から愛される仙台七夕祭り。

東北三大祭りの一つで、

遠方から足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

仙台七夕祭りの「七つ飾り」と言われる

色とりどりの笹飾りは、

それぞれが意味を持っています。

短冊は学問の上達、紙衣は無病息災、

折鶴は健康長寿、巾着は商売繁盛、

投網は豊漁・豊作、屑籠は清潔と倹約、

吹き流しは織り姫と彦星をそれぞれ象徴しています。

毎年86日~88日の3日間開催されており、

七夕飾りもそれに合わせて飾り付けられます。

飾りに込められたたくさんの願いを感じながら、

他ではなかなか体験できない

仙台七夕祭りの風景を楽しんでくださいね。