生活関連

長時間付けっぱなしのマスクで肌荒れが!ワセリンで上手に防止しよう!

コロナ禍が続く中でマスクを長時間付けっぱなしにするのが日常となりつつありますよね。

マスクを長時間付けていると気になるのが顔の肌荒れです。

マスクの長時間着用で肌が荒れてしまうのは

  • マスクと肌の間に起こる摩擦刺激
  • 皮脂や汗汚れによる雑菌の繁殖

が原因です。

マスクの肌荒れを予防するにはワセリンがおすすめです。

マスクによる肌荒れ予防のためのワセリンの使い方は

  1. 洗顔して肌を清潔にする
  2. 化粧水などで肌の水分を補給する
  3. ワセリンを塗る
  4. 余分なワセリンをティッシュオフする

4ステップで完了です。

ワセリンを使うときは

  • 多く塗りすぎない
  • 顔にゴシゴシ塗り付けない

ように注意しましょう。

マスクの肌荒れ防止には

  • サンホワイト
  • ベビーワセリン

などのワセリンがおすすめです。

マスクの長時間着用するとなぜ肌が荒れてしまうの?原因は?

マスクの長時間着用で肌が荒れてしまう原因は

  • マスクと肌の間に起こる摩擦刺激
  • 皮脂や汗汚れによる雑菌の繁殖

にあります。

摩擦刺激のような肌の傷を誘発する刺激は肌荒れの原因のひとつです。

マスクを着用しているとちょっと表情を動かすだけでもマスクが肌にこすれてしまって、摩擦刺激が発生してしまいます。

摩擦によって傷ついてしまった肌が炎症を起こしてしまったり、蓄積されたストレスダメージがシミの原因になってしまったりもするんです。

また、長時間マスクをつけているとマスクが汗や皮脂で汚れてしまいますよね。

その汚れをエサにしてマスクの中では雑菌の繁殖しやすくなるのでニキビやかぶれを起こしてしまいます。

マスクを長時間着用する時は肌を刺激から守り、細菌に対するバリア機能を高めることが大切です。

 

マスクの肌荒れ予防には人がもともと持っている肌のバリア機能を高めることが大切です。

肌のバリア機能は肌が乾燥するほど低下してしまいます。

つまり、肌の保湿がマスクの肌荒れ予防にも必要なんです。

ワセリンは肌を油分でコーティングして肌の水分が逃げるのを防止して乾燥を防いでくれます。

マスクを長時間つけっぱなしにするときは

  1. 洗顔して肌を清潔にする
  2. 化粧水などで肌の水分を補給する
  3. ワセリンを塗る
  4. 余分なワセリンをティッシュオフする

の手順でワセリンを使って肌荒れ予防をしましょう。

洗顔で汚れを落として清潔にした後、化粧水でしっかり水分補給してからワセリンで肌を保護します。

ワセリンを多く塗りすぎると余計な油分によってニキビのもとになったり、べたついて埃がつきやすくなったりしてしまうので最後に余分なワセリンをティッシュオフしてあげましょう。

また、ワセリンを塗る時はゴシゴシこすりつけないように注意します。

ワセリンは温度が低いと伸びが悪いので、一度手のひらに適量とり、体温で温めてから顔に乗せていきましょう。

マスクの肌荒れ防止におすすめのワセリンはサンホワイトやベビーワセリンがおすすめです。

サンホワイトはワセリンの中で最も高純度に精製されているので不純物が少なく酸化や劣化が起こりにくく、スキンケア用のワセリンに向いています。

実店舗での取り扱いが無いことが多いので、インターネットショップで購入することが多いです。

一方、薬局やドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。

ベビーワセリンは赤ちゃんにも使える無香料・無着色のワセリンで、ワセリンがやわらかく伸びが良いので扱いやすいです。

ただ、ベビーワセリンは紫外線に当たりすぎるとまれに油焼けしてしまうことがあるので心配な人はマスクに隠れるところだけに塗るかサンホワイトを選びましょう。

まとめ

マスクを長時間付けていることが日常生活になりつつある今のような状況が続くと、マスクによる顔の肌荒れが気になりますよね。

そんな時はワセリンで肌を保湿し、肌荒れトラブルを予防しちゃいましょう。

ワセリンを使うときはワセリンを多く塗りすぎたり、顔をゴシゴシこするように塗ってしまったりすると逆効果なので注意してください。

ワセリンは肌の乾燥を防ぎ、もともとの肌のバリア機能を高めてくれる天然由来の低刺激素材です。

ワセリンを正しく使ってマスクの肌荒れ防止に役立ててみてくださいね。