生活関連

部屋が全然温まらない!暖房はエアコンとファンヒーターの併用がお勧め!

今年の冬は平年よりも寒い日が続きますよね。

エアコンしかない部屋だと暖房をつけてもなかなか暖まらないこともあります。

エアコンは実は部屋を暖めようとするときに室外機から取り込んだ外気の熱を利用するため、外気温が低いとなかなか暖まらないことがあるんです。

また、エアコンは暖房効果の即効性があまりなく暖まるのに時間がかかります。

そこでおすすめなのがエアコンとファンヒーターを併用する方法です。

エアコンとファンヒーターを併用すると

  • 部屋を早く暖めることができる
  • 空気が乾燥しにくくなる
  • 節約ができる

ので寒い日が続く冬でも気持ちよく過ごすことができます。

エアコンとファンヒーターはお互いの短所を補い合うことができるのでとっても相性がいいんです。

エアコンと併用するファンヒーターの選び方は

  • 燃料のタイプ
  • 部屋の広さにあったスペック

を中心に選ぶと自分にあったファンヒーターを選ぶことができます。

また、タイマー機能付きやエコ設定機能付きのファンヒーターを選ぶとさらに快適性が上がるのでおすすめです。

エアコンとファンヒーターを併用するメリットとは?

エアコン暖房には

  • 暖房機器の中でコスパが優秀
  • 室内の温度調整が上手

というメリットがあります。

一方で

  • 部屋が暖まるまでに時間がかかる
  • 空気が乾燥する
  • 起動直後の消費電力が高い

というデメリットもありますよね。

このデメリットを補ってくれるのがファンヒーターなんです。

ファンヒーターには

  • 暖房効果の立ち上がりが早い
  • 加湿効果がある(石油・ガスの場合)
  • 消費電力に波がない

というメリットがあります。

ファンヒーターはエアコンと違い外気の熱を利用しないので、稼働直後からすぐに部屋を暖めることができ、室内の温度が低いときでも起動時の消費電力に影響が出ません。

最初はファンヒーターで部屋を暖め始めて部屋が暖まったら温度調整が上手くコスパの良いエアコンにバトンタッチすることで、節電しながら部屋を効率的に素早く暖めることができます。

また、ガスファンヒーターや石油ファンヒーターは燃料を燃焼させるときに水蒸気が発生するので空気が乾燥しません。

ファンヒーターをエアコンと併用することでエアコンによる乾燥も防ぐことができます。

つまり、エアコンとファンヒーターを併用することで

  • 部屋を早く暖めることができる
  • 空気が乾燥しにくくなる
  • 節約ができる

というメリットがあるんです。

エアコンだけで過ごすよりも快適に過ごすことができるということですね。

エアコンと併用するファンヒーターの選び方は? 

ファンヒーターを選ぶときはまず燃料のタイプから選びましょう。

ファンヒーターには

  • 石油ファンヒーター
  • ガスファンヒーター
  • セラミックファンヒーター

があります。

石油ファンヒーターやガスファンヒーターはマンションやアパートでは使用を禁止されていることもあるので注意が必要です。

セラミックファンヒーターは場所を選ばずにどこでも使用することができますが、加熱時に水蒸気が発生しないため、空気の乾燥は防げません。

どの燃料タイプのファンヒーターが良いかは済んでいる環境によって変わってくるので慎重に選びましょう。

また、部屋の広さにあったスペックのものを選ばないと効率的に部屋を暖めることはできません。

部屋の広さにあった規格のファンヒーターを選びましょう。

さらにエアコンとファンヒーターを併用することによる節電効果を高めたいならタイマー機能付きやエコ設定機能付きのファンヒーターを選ぶのがおすすめです。

タイマー機能やエコ設定機能を上手に使えばエアコンをつける前に事前に部屋を暖めておいたり、消し忘れによる燃料や消費電力のロスを少なくすることができ、時間やコストを簡単に節約することができます。

まとめ

寒い日はエアコンだけだと暖房が追い付かない時がありますよね。

そんな時はエアコンとファンヒーターをと併用するのがおすすめです。

エアコンとファンヒーターはデメリットを補いつつ双方のメリットを活かすことができるのでエアコン暖房だけよりも

  • 部屋を早く暖めることができる
  • 空気が乾燥しにくくなる
  • 節約ができる

ようになります。

寒い日が続く冬はぜひエアコンとファンヒーターを併用して気持ちよく快適に過ごしてくださいね。